会社概要沿革代表からのご挨拶メディア掲載受賞・認定
主催イベント行政との協働企業とのコラボレーション社会活動大学・学会での講演実績共同研究発表論文

会社概要

名称
株式会社トライワープ(Trywarp,Inc.)
設立
2007年4月3日(創業2003年6月24日)
資本金
10,000,000円
役員
代表取締役 虎岩雅明
事業内容
パソコンライフサポート事業・WEB制作事業・ICTコンサルティング事業
東京オフィス
〒107-0052 東京都港区赤坂4-9-25 新東洋赤坂ビル5F(地図
TEL:03-6381-3211,FAX:03-4335-2354
「赤坂見附駅」A出口より徒歩6分(銀座線・丸ノ内線)
「青山一丁目駅」4番出口より徒歩10分(銀座線・半蔵門線・大江戸線)
「赤坂駅」1番出口より徒歩10分(千代田線)
「永田町駅」6番出口より徒歩12分(有楽町線・半蔵門線・南北線)
「四ツ谷駅」赤坂口より徒歩17分(JR線・丸ノ内線・南北線)
「44赤坂地区総合支所前」バス停より徒歩1分(赤坂ルート・青山ルート)※港区バス路線表
・お車をご利用の方は近隣有料パーキング情報もご参考になさってください
本社所在地
〒260-0044 千葉市中央区松波2-7-10
TEL:050-3541-3214,FAX:043-332-9030
お振込先
千葉銀行 千葉駅前支店 普通3578214 カ)トライワープ
所属
JPITA日本パソコンインストラクター協会会員
CIECコンピューター利用教育学会会員
TTPG環東京ITソリューション企業連携団体ベンチャー会員
TXアントレプレナーズパートナーズ(TEP)アントレプレナー会員
千葉大学経済人倶楽部「絆」会員(理事)
学生クリエイターズファームEGGS支援企業会員
地域SNS研究会会員
総務省地域料創造アドバイザー(総務省地域人材ネット)登録者
関東ICT推進NPO連絡協議会(総務省関東経済産業局)
千葉県地域IT化推進協議会会員
千葉市コミュニティビジネス推進協議会支援会員
ジェフユナイテッド千葉絆会会員
取引先
株式会社三菱総合研究所
株式会社ちばぎん総合研究所
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
株式会社日経BP
日本電気株式会社
日本アイ・ビー・エム株式会社
株式会社ソフトバンクモバイル
株式会社日本経済新聞社
株式会社サンケイリビング新聞社
GMOメイクショップ株式会社
株式会社ITコミュニケーションズ
株式会社リーベ
株式会社ファーマインターナショナル
株式会社ケー・ディー・フドー
シナジーコミュニケーションズ株式会社
クレアテック株式会社
株式会社日本技芸
株式会社ボンクレ
株式会社ドゥーイング
株式会社ミイレー
株式会社春うららかな書房
スリーエスフォーラム株式会社
株式会社手嶋屋
株式会社東大家庭教師友の会
順風路株式会社
株式会社健康サポートネットワーク
ワタナベメディアプロダクツ株式会社
株式会社ミイレー
株式会社タキモト
株式会社ポマトプロ
株式会社PMTプラス
株式会社スマートコミュニティ
株式会社Boys & Girls Network
グローバルデザイン株式会社
株式会社ad-lab
FunSpace株式会社
有限会社アイデックス
株式会社グッドメディックス
有限会社RenDesignWorks
家庭教師のトライ千葉校
フォークソノミー株式会社
株式会社シスコム
株式会社アイシス
株式会社アーバン
有限会社ヒートウェイブ
株式会社ファインダウェイ
株式会社かっぺ
株式会社こころざし音楽工房
株式会社ジェイ・クリエイション
有限会社REN企画
株式会社プラスワン
有限会社こくしょう建設
株式会社藤光土地
株式会社テクニカルブレインズ
株式会社あすティブ
株式会社ダブルループ
スーパーエンジニア株式会社
株式会社プロシードジャパン
株式会社みんなのまち
株式会社アミーゴジャパン
株式会社イノセントグリーン
株式会社エイピス
ファーストエクスペリエンス株式会社
有限会社スグエ
株式会社BLJ
株式会社オークニー
株式会社インフロント
有限会社マヒマヒデザイナーズ
株式会社KJSコミュニケーションズ
株式会社shed
株式会社アーバン
独立行政法人情報通信研究機構
独立行政法人中小企業基盤整備機構
国立大学法人筑波大学
国立大学法人千葉大学
国立大学法人千葉大学医学部附属病院
国立大学法人千葉大学両立支援企画室
国立大学法人千葉大学情報企画室
国立大学法人千葉大学法経学部人文社会科学研究科
学校法人医学アカデミー
学校法人千葉工業大学
放送大学学園千葉学習センター
千葉大学消費生活協同組合
東京理科大学消費生活協同組合
東京大学消費生活協同組合
千葉県こども病院
千葉県救急医療センター
千葉県
八千代市
一般社団法人千葉市薬剤師会
一般社団法人千葉県設備設計事務所協会
公益財団法人ちばのWA地域づくり基金
増田忠士事務所
千葉商工会議所
日本先天代謝異常学会
日本生理人類学会
千葉大学工学同窓会
千葉大学校友会
千葉県保険医協会
茨城県保険医協会
神奈川県保険医協会
兵庫県保険医協会
東京歯科保険医協会
宗教法人善了寺
特定非営利活動法人ほおずき
特定非営利活動法人子ども劇場千葉県センター
特定非営利活動法人子どもNPO・劇場全国センター
特定非営利活動法人日本都市計画家協会
特定非営利活動法人グリーンネックレス
特定非営利活動法人チャリティープラットフォーム
特定非営利活動法人企業教育研究会
特定非営利活動法人まちづくりサポートセンター
ピーナッツクラブ西千葉
他(順不同・敬称略)

このページの一番上へ

沿革

2003年1月19日 第1回創業企画会議(創業者2名:虎岩雅明・小野大樹)
2003年6月24日 法人化を目的とした学生サークル「トライワーププロジェクト」を発足(代表:虎岩雅明・副代表:内野智仁)
2003年9月16日 第1回パソコン教室開催(千葉市稲毛区轟公民館)
2004年1月23日 「特定非営利活動法人TRYWARP」設立(創業者:10名の千葉大学生)
2006年3月7日 西千葉に進出(稲毛区天台「アミーゴビル2F」→中央区松波「新葉ビル3F」)
2006年1月10日 西千葉コミュニケーションサイト「あみっぴぃ」サービスリリース(http://amippy.jp/
2007年4月3日「株式会社トライワープソリューションズ」設立(創業者:虎岩雅明・加藤宏)
2007年3月11日 増床のため新葉ビル2Fに移転(「新葉ビル3F」→「新葉ビル2F」)。床面積が2倍になりました。
2007年10月22日 新葉ビル2Fに加え新葉ビル4F部分を増床。2フロア体制になりました。
2008年6月26日 マイクロソフト社からの支援により全国7地域にパソコン教室を展開(秋田・新潟・長野・松戸・神楽坂・戸塚・兵庫)
2009年2月1日 堂本あき子千葉県知事が「TRYWARPパソコン超入門コース第37期」を卒業
2010年3月31日 資本金を1,000万円に増資
2010年7月10日 TRYWARP千葉宮野木教室(稲毛区柏台「街の駅オークヒル」内)を新設(~2012年3月)
2011年8月1日 「株式会社あすティブ」を設立しTRYWARP広島福山校を開校(代表:平岡顕治・取締役:虎岩雅明・http://astive.co.jp/
2011年9月30日 特定非営利活動法人TRYWARPのパソコン講習関連事業を終了
2011年12月3日 家庭用蓄電器の開発および発売
2012年1月23日 「株式会社トライワープ」に商号変更
2012年7月8日 プライベートブランドセレクトサイト「みんブラ」サービスリリース(http://minbra.com/)
2012年12月1日 東京オフィスを港区に新設(港区南麻布「麻布グリーンテラス5F」)
2013年1月23日 西千葉駅前に本社移転(「新葉ビル2F」→「メゾンマイネ1F」)とともにパソコン教室を路面店で営業開始
2013年7月28日 パソコン教室TRYWARP西千葉校の閉店
2013年5月28日 東京オフィスを増床のため墨田区に移転(「麻布グリーンテラス5F」→「錦糸町アルカセントラル14F」)
2013年11月3日 東京オフィスを増床のため新宿区に移転(「錦糸町アルカセントラル14F」→「ガーデン鷹乃羽3F」)
2014年5月1日 東京オフィスを新サービス開発拠点として港区に移転(「ガーデン鷹乃羽3F」→「新東洋赤坂ビル5F」)

このページの一番上へ

代表からのご挨拶

代表近影

「地域化するIT社会をもっと暮らしやすく」

 インターネットが広く普及した今日、地域を情報化する時代は終わり、「情報が地域化」していく時代が始まろうとしています。世界中と繋がっているインターネットを利用して、テレビのように都心や遠く離れた世界の情報を手に入れる事だけで無く、もっと身近な暮らしの情報を手に入れることが可能になりました。また、情報が氾濫する現代社会において、万人に最適化されたマスコミ情報とは別に、隣人や近所といった自分に最も近い地域の情報の重要性が高まってきました。私たちトライワープでは、この地域化するIT社会において、情報発信や情報収集の最適な方法をご提案できるようスタッフ一丸となって取り組んでおります。システム、デザイン、そしてマネジメントの3つのソリューションチームを編成することで、お客様の目的実現のために最適な方法をご提案しています。モノを納品することではなく、納品させていただいたモノを通して、お客様の目的が実現されること第一に考えています。そして、モノを完成させた後に、そこに息吹を与えるには、運営という人間味あふれるケアが必要となってきます。完成まで、そして完成後もお客様のご期待に添える存在になれるよう日々努力を続けております。ITを利用してITだけの世界で終わってしまうのではなく、日々の豊かさや暮らしやすさの実現に寄与して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

株式会社トライワープ
代表取締役 虎岩雅明

・千葉大学非常勤講師
・放送大学学園非常勤講師
・千葉大学教育学部附属「教員養成開発センター」特別研究員
・千葉大学公式ウェブサイト戦略アドバイザー
・千葉大学経済人倶楽部「絆」理事
・ベンチャーカップCHIBA審査員

特集されました
・読売オンライン:未来をつくるしシゴト「世代間ギャップをITで支える」
http://www.yomiuri.co.jp/job/navi/mirai/20141120-OYT8T50116.html
・日経デジタルコア:「パソコンではじまる地域住民と学生の世代間交流~西千葉の地域SNS『あみっぴぃ』が生んだ新たな街のすがた~」
http://www.digitalcore.info/38sns.html
・明日のコミュニティラボ:「あと一押し」の元気をもたらすWebサービス地域SNS「あみっぴぃ」
http://www.ashita-lab.jp/special/359/
・アントレ:地域SNSで街の「こんにちは」を増やしていく
http://entrenet.jp/contents/innovation/0006/index.html
・もんじゅ:変えるヒト、変わるヒト〜新しい社会貢献のカタチ
http://monju.in/special/03/
・ドリームゲート:パソコン音痴解消!大学生が中心の地域密着ベンチャー「トライワープ」
http://case.dreamgate.gr.jp/smart-business_detail/id=1426

このページの一番上へ

メディア掲載

新聞(全国紙)
日本経済新聞・朝日新聞・読売新聞・毎日新聞・共同通信・日経産業新聞・日経流通新聞・日刊工業新聞
新聞(地方紙)
千葉日報・中日新聞・北海道新聞・室蘭新聞・佐賀新聞・信濃毎日新聞・長野市民新聞・神戸新聞・秋田魁新聞
テレビ
NHK総合「おはよう日本」「スタジオパーク」「趣味悠々」・フジテレビ「めざましどようび」・TBS「オビラジR」・テレビ朝日「サンデーフロントライン」・千葉テレビ「ザ・サンデー千葉市」「ウィークリー千葉県」・韓国EBS「30周年特集・幸せ5部作」
ラジオ
NHKラジオ第一・山梨放送・茨城放送・北海道放送・西日本放送・南日本放送・青森放送・ABSラジオ・FM西東京
インターネット
ITmedia News・日経IT+PLUS・日経BP PC Online・Yahoo!ニュース・mixiニュース・ヨコハマ経済新聞・もんじゅ・日経デジタルコア・明日のコミュニティラボ・ドリームゲート
雑誌
アスキードットPC・読売PC・日経BP日経ガバメントテクノロジー・BIGLOBE会員誌サーイイサラ・船井総研コンサルティングレビュー・べんり生活ネット・B&Gネットワーク・月刊ガバナンス・カガリ火・アントレ・季刊まちづくり・情報通信ジャーナル・サステナ
書籍
毎日コミニュケーションズ「OpenPNE公式ガイドブック」(虎岩共著)・丸善プラネット「研究をビジネスに起業をビジョンに ベンチャー教育への千葉大学の挑戦」(虎岩共著)・アスキー「地域SNS最前線」・ぱる出版「誰も知らない「ネット通販」の始め方・儲け方」・著書祥伝社「「幸せの種」はきっと見つかる」
白書
内閣府・国民生活白書
タウン誌
リビング新聞・千葉タウン誌「ALL TOGETEHR」・千葉タウン情報誌「ちあ」・千葉タウン情報誌「BayWave」・朝日フレンド千葉・千都よみうり新聞

このページの一番上へ

受賞・認定

2004年1月14日 モス夢チャレンジ「わくわくタウン大作戦2003(株式会社モスフードサービス主催)」にて入賞(賞金50万円)
2008年1月7日 日経地域情報化大賞「インターネット協会賞」(株式会社日本経済新聞社主催)受賞
2009年3月19日「経済産業省ソーシャルビジネス55選」に選定され大臣より感謝状を頂く
2011年8月24日 千葉大学「千葉大学発ベンチャー」称号認定

このページの一番上へ

主催イベント

2006年6月25日 「西千葉のアイドル祭りvol.6」を開催し、地域アイドル発掘イベントを日本でも先駆けておこないました。<後援:千葉大学><日経新聞・朝日新聞掲載>
2009年 「地デジタワーフォーラム」をNPO法人アース障害者IT研究会と共催
2010年2月20日 「第6回地域SNS全国フォーラムin千葉」を主催(実行委員長)(共催:NEC C&C財団、後援:総務省・千葉大学・千葉市)

このページの一番上へ

行政との協働

2006年 千葉県「アイラブ西千葉観光事業研究プロジェクト」
2005年8月25日 千葉県「地域通貨導入実験・実践支援事業」千葉県より地域通貨のIT化実験を受託し商店街へのパソコン設置等を実現
2008年 農林水産省「農村コミュニティ再生・活性化支援事業」
2008年 文部科学省「地域SNSを活用した家庭教育支援に係る調査研究事業」
2010年 総務省「情報通信技術地域人材育成・活用事業」
2010年  経済産業省「中心市街地活性化支援等事業」ハンドブック

このページの一番上へ

企業とのコラボレーション

2008年6月26日 マイクロソフト株式会社との「学生によるシニアへのICTスキル向上支援を通じた世代間交流・地域活性化モデル事業の普及」プロジェクトにおいて全国7地域(秋田・新潟・長野・千葉松戸・東京神楽坂・横浜戸塚・兵庫)でパソコン教室を開校(~1年間)
2008年3月31日 NEC社会起業塾第6期修了(NPO法人ETIC.主催)
2008年 NTTドコモとの「いきいきシニアケータイ活用セミナー」の共催
2009年 NECとの「ネット安全教室」共催(全国の小学校で正しいネットの知識講座を開催)<各地方紙>
2010年2月24日 日本IBM株式会社プロボノプロジェクト参加団体に認定(第1期~第3期)
2010年 ソフトバンクモバイル「iPhone・iPad」デモ機によるシニアの利用調査
2010年 エプソン販売株式会社・プリンタデモ機提供により年賀状作成講座の開催

このページの一番上へ

社会活動

2004年 千葉市稲毛区三和ショッピングセンター夏祭り運営支援(~2008年)
2005年 千葉市美浜区幕張ベイタウン商店街夏祭り支援(~2006年)
2005年6月 千葉県地域通貨「ピーナッツ」の電子化に伴いITシステムの開発を担当(株式会社みんなのまちより受託)
2008年 チャレンジキャンププロジェクトチーム、ジェフユナイテッド市原・千葉、千葉大学体育会共催の「Challenge days~2泊3日のドキドキキャンプ~」の後援
2009年 起業家イベント「Nexit cump2009」協賛
2011年 西千葉子ども起業塾・社長メンター・協賛等 <NHK・日経新聞>(〜2013年)

このページの一番上へ

大学・学会での講演実績

■大学
千葉大学・千葉大学大学院・慶応義塾大学・昭和女子大学・千葉工業大学・放送大学学園・うらやす市民大学・高崎福祉大学・東北公益文科大学

■学会
日本教育工学会第24回全国大会

このページの一番上へ

共同研究

名古屋大学と共同研究「小規模SNSの分析とモデル化」を開始(2008.04.15〜)

■共同研究の学会発表
「Proposal for a Growth Model of Social Network Service」(2008.12.10・The 2008 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence)
「アクティブネットワークを用いたSNSの分析」(2009.3.7・第47回数理社会学会大会)
「地域SNSのネットワーク構造分析」(2008.09.16・電子情報通信学会)

このページの一番上へ

発表論文

「大学生がパソコンを教えることを通した、若者と地域住民との世代間交流のきっかけ作り」
コンピューター利用教育学会・PCカンファレンス2009、近藤功、湯浅寛美、吉野貴之、虎岩雅明

「SNSを利用した千葉大学卒業者間のコミュニティ形成」
コンピューター利用教育学会・PCカンファレンス2009、大塚成男、檜垣泰彦、桜井貴文、市川智一、吉野貴之

「千葉大学及び東京理科大学における新入生パソコンライフ応援計画実施の報告」
コンピューター利用教育学会・PCカンファレンス2009、中川徹也、湯浅寛美、吉野貴之、虎岩雅明

「地域SNSあみっぴぃでのリアルを重視した関係作りによる世代間交流の実現」
コンピューター利用教育学会・PCカンファレンス2009、近藤功、湯浅寛美、吉野貴之、虎岩雅明、加藤宏

「学生によるシニアへのICTスキル向上支援を通じた世代間交流・地域活性化事業の普及」
コンピューター利用教育学会・PCカンファレンス2009、吉野貴之、湯浅寛美、虎岩雅明

「実名開示を重視したSNS(千葉大学校友会SNS)の実情と課題」
コンピューター利用教育学会・PCカンファレンス2010、大塚成男,檜垣泰彦,櫻井貴文,進藤啓介

「千葉大学校友会SNS「Curio」の構築」
電子情報通信学会2009、大塚成男、檜垣泰彦、桜井貴文、市川智一、吉野貴之

「千葉大学校友会 SNS「Curio」の現状と今後の計画」
電子情報通信学会2012、檜垣泰彦、櫻井貴文、虎岩雅明、進藤啓介、大塚成男

このページの一番上へ